Renovation case-17{KOU}

横川駅の向かいの路地をすこし入ったところにある、
美容室「KOU(クー)」。
ビルの1Fにありながら、まるでそこだけヨーロッパの路地裏にあるかのような
存在感を漂わせる佇まいです。

リノベーションに至るまでのいきさつは?

KOUのオーナー・丸本さんは、31歳のときに独立して、
今のKOUから2駅ほど離れたところに美容室をオープンさせました。
3人のスタッフと共に、とにかくがむしゃらに働く日々。

「とにかく、スタッフの生活がかかっていましたし、予算も充分ではなかった。
 内装にこだわるなんていうのは、考えてられなかったんですね。」

大通りに面したビルの2Fにあった以前のお店。
ご高齢のお客さまが苦労して階段を上って来られる姿を見て、
12年間営んできたお店の移転を決意したそうです。

ちょうど、子育てにひと段落ついたタイミングだったこともあり、
奥さま・まゆみさんと二人三脚で、新しいKOUを始めることとなりました。

RenoЖRenoとの出逢いは?

「ちょうどその頃、友人があるイベントのフライヤーを持ってきてくれて、
 見たときに“これだ!”って思いましてね。
 木の色がとても好みだな、と思って。」
dsc_6880_r
それは、RenoЖRenoのオープンルームの
イベントフライヤーでした。
リノベーションしたお部屋で、
雑貨屋さんや手づくり作家さんたちが
7日間に渡りさまざまなイベントをするというもの。

友人の誘いで、丸本夫妻も
その蚤の市に参加することになりました。
実際にリノベ―ションしたお部屋を見て、
夫妻の心は決まったそうです。

駅の近く、裏路地、1Fであること。
物件探しの段階からRenoЖRenoに相談し、
気になる物件があれば一緒に見に行きました。

そしてついに希望する物件が見つかり、いよいよリノベーションをスタートすることに。

リノベーションに関して希望されたことは?

「僕らは専門家じゃないので、造りだとか内装だとかってところは分からない。
  そのへんはもう、全面的にプロにお任せしてました。
  ただお客さまにゆっくりしてもらえることと、年月が建ってもただ汚くなるんじゃなくて、
  味わいが出るように、とそういうことは伝えましたね。」
dsc_6902_r

もともと古いものの味わいや、
ものを長く大切に使うヨーロッパの文化が
好きという丸本夫妻。

大手メーカーにお任せした前店舗では
叶わなかったことを、
RenoЖRenoに託しました。

配置やデザインは、yuka社長に
ほとんどお任せだったそう。

「はじめに“良いお店を創ろうと思ったら、
  それなりにコストもかけたほうが後々いい”と
 はっきりと言ってくださったのも、僕らにとっては良かったです。」

古い建物ゆえに、電気工事に思ったよりもコストがかかってしまいましたが、
はじめに心構えができていた分、スムーズに工事を進めることができたといいます。

新しいKOU、誕生

こうして、新しいKOUは誕生しました。
完成したその日、家族そろってお店を見に行った丸本さんファミリー。
入ってひと言目が、「ここに住みたーい!」だったそうです。

丁寧にオイルを塗りこんだ、無垢の木の床。
アンティークのよく似合う、落ちついた雰囲気。
ほどよくジャンクで洒落っ気のあるパーツ使い。
まるで、ずっとそこにあったお店のような・・・

「それから、美大生の子が“これかっこいいですね”って
 ミシンの脚を眺めたり、踏んでみたりしてましたね(笑)」

鏡台の脚は、アンティークミシンの脚を使用。
遊び心と味わいのある個性的なインテリアになっています。

dsc_6889_r
お店の顔とも言える大きなパーテーションは、
本来ガーデニングに使われるもの。
コーナーを分けてほどよく視線を遮りつつ、
圧迫感はない。

インパクトのあるデザインが、
丸本さんいちばんのお気に入り。

「皆さん、いいね~って言ってくださいますよ。落ちつくね、って。
 ときどき、カットの終わったお客さまと一緒に、
 ここに座ってお茶を飲んだり、お話したり。」

まゆみさんお気に入りの寛ぎスペースには、
テーブルがわりにアンティークのトランクが。

心から好きだと思える空間で働くことの喜び、心地良さを知りました、と
丸本さんは語ります。
仕事が終わっても、店内でしばらく過ごしてしまうのだとか。

dsc_6916_r
「自然素材を使っているから、
 使っているうちに、床が湿気で歪むことも。
 木とコンクリートの境目に段差ができてしまって、
 削ってもらったことも。
 
 でも、気になることがあれば
 すぐ見に来てもらえるから、
 安心してます。」

 リノベーション後も、不具合があれば
 専門のスタッフがすばやく対応する
 RenoЖRenoのアフターサービスがあるから
 安心ですね。

まさに老若男女、たくさんのお客さまに愛されて、もうすぐ4年。
丸本夫妻の次なるプランが、すでにスタートしていました。

「お店があまりにも良かったもんだから、自分たちの住むところも
  お願いしようということになりましてね。」

現在、ご自宅をお引っ越しするべく、中古物件を探している真っ最中。
いいところが見つかったら、RenoЖRenoにリノベーションを依頼する予定です。

毎日を過ごす場所を、どれだけ心地よいものにするか。
そして、その心地よさを自分たちで創りだしていくことの大切さ。
KOUの経験が、こんどはご自宅に生かされるのです。

これから叶えたい夢はありますか?


「一日も長く、KOUを続けることですね。
  心地よい空間を提供したいってことかな。がんばらないとね。」

へへへっ。と、照れたように笑う、丸本さん。
その傍らで、もくもくと手を動かし、お客さまのヘアスタイルを作りあげていく、まゆみさん。
お二人の娘さんも、なんと美容師志望とのこと。
10年後、20年後、KOUが、丸本ファミリーが、どうなっていくのか・・・楽しみでなりません。

《DATA》

Hair&Make KOU(クー)

所在地     〒733-0011
         広島県広島市西区横川町2丁目7-4
    

電話   082-233-1388

竣工年月    2009年1月

設計デザイン RenoжReno

施工      アイエス株式会社

不動産さがし アイエスワン有限会社

新着情報

    不動産開発を手掛けるアイエス株式会社(広島市南区、代表:長原正明)が破産との報道がでておりますが、 弊社とは資本的・人的関係含め一切関係ございません。
  • Contents

  • Information

    広島県知事許可(般-24)31713号
    リノベーション・リフォーム
    アイエス株式会社
    730-0853
    広島市中区堺町2丁目4-3
    第5アイエスビル2F
    Mail.
    Web. iswork.co.jp
    Tel. 082 532 0211
    Fax. 082 532 0212

    contact
    お問い合わせフォームはこちら。お気軽にご相談ください。

    RECRUIT


    アイエスグループスタッフ募集

    当サイトについて

    当サイトは、以下のブラウザソフトにて動作確認をしております。
    ●Internet Explorer 7.0以上
    ●Firefox 3.0以上

    上記よりも低いバージョンのブラウザをご利用の場合には表示が崩れたり、一部の機能が利用できないことがございます。

    リノベーション住宅推進協議会