Reform case-17 {funairi}

「マンションなのに、自然の中にいる感じ」 自由でやわらかい感性がつくる、フレキシブルなおうち。

お部屋に入ると、ふわりと漂う優しい香り。テーブルにちょこんと生けられた、ビオラの香りでした。
ベランダでは、きれいにお手入れされたグリーンやお花たちが、風に揺れています。ここが広島市内中心部だなんて、信じられないくらいの心地よさです。
Kさまは、社員教育などのマナー講師をされている女性。自宅とは別に事務所を借りての開業から8年目。そろそろ“自宅 兼 事務所”を・・・と考え、マンションを何十件も見て回ったけれど、なかなか希望に合う物件が見つからずにいました。

「お仕事関係の方にお越しいただいたときに、あまり生活の雰囲気が伝わらないような間取りとお部屋にしたかったんです。でも既成の間取りでは、たいがい、リビングにくっついた状態で和室があって、ふすまが見えて・・・とてもお仕事的ではなくて。」

途方にくれかけた頃、南観音の自宅のポストに一枚のポストカードが入っていました。写っていたのは、自然素材の床と木の家具。あたたかみがあるのに生活感がなく、「これは好きな雰囲気だな、と思った」というKさま。さっそく、そこに書かれていたアイエスワン(株)のオープンルームへ出かけ、「こちらにお願いしたら間違いない!と確信して(笑)」その日の夜には依頼のメールを送ったのだとか。

希望はすでに、はっきりと決まっていました。
「3LDK(事務所・寝室・田舎から遊びに来られるお母さまのための宿泊室+打ち合わせができるLDK)であること。それと、くつろぐ空間とオフィシャルな空間の融合ができる間取りであること。」

まず考えたのは、リビングと隣接している和室を寝室にすることでした。
ふすま部分は白壁に変身させ、入り口には無垢素材のドアを取り付けました。そして、壁にはお気に入りのイギリスアンティークの棚の高さに合わせて、程よい光の入るガラスブロックをはめ込みました。その結果、安眠できるプライベート空間となり、お見えになるお客様に「ここが寝室だと悟られない」希望どおりの間取りとなったのです。

事務所には、以前から使っていた机や本棚がきっちりとおさまっています。いったん廊下を通って出入りするため、オン・オフの切り替えが自然とできるのだそう。

リビングとダイニングを逆にするというアイデアは、yukaさんの提案です。おうちの主役ともいえる、大きな楕円形のテーブル。実はこのサイズゆえ、ダイニングに入らず、やむなくリビングへ。結果、「テーブルで打ち合わせをしてもキッチンが丸見えにならないし、キッチンでお料理しながらテレビが見える」うれしい効果が生まれました。

プランを手がけたyukaさんについて、Kさまは「びっくりするくらい親身になって考えてくださって(笑)」とおっしゃいます。Kさまのお好きな絵画を飾るために、壁にピクチャーレールをつけるなど、提案は細部にまでわたりました。
無垢のフローリングやドア、輸入壁紙のポイント使い、キッチンに取り付けた木枠・・・あたたかみのあるナチュラルな“RenoжRenoテイスト”は、女性のお友達だけでなく、男性客からも「ええねぇ~!」と好評なのだとか。

「家具も、音楽も、洋服も・・・選ぶポイントは、“ずっとずっと付き合っていけると思えるかどうか”」と話すKさま。そのセレクトには迷いがなく、年代やテイストはバラバラでも、不思議と調和するものばかりです。
「入院生活のときには、まずガラスのティーポットと“マイお茶セット”を持参した」というエピソードからも、なにげない時間を慈しんで暮らす・・・そんなスタイルが伝わってきます。

“いちばんのお気に入り場所はどこですか?”と尋ねようとしたそのとき、「秋には紅葉がきれいだったのよ~!」と、キッチンから嬉しそうな声が聞こえました。なるほど、キッチンに立つと、グリーンいっぱいのベランダの向こうに、大通りの並木が見えるのでした。
もうすぐ、桜の季節。ここからお花見を楽しむKさまが目に浮かんで、なんだかあったか~い気持ちになりました。

記事以外のリノベーショ箇所のご紹介

◆玄関に備え付けられていた通常の飾り棚付きの下駄箱を、天井までの
  トールタイプの物に付け替え。手持ちの靴が全て入る収納スペースを確保。

◆雰囲気が硬くなりがちな事務所の窓には、クリーム色のブラインドに茶
  色の小花模様が刺繍されたラダーテープを合わせ柔らかさをプラス。

◆洗面所・キッチン・トイレの床に使われていた「暗い砂場」のような
  クッションフロアをアイボリーのテラコッタ風の床素材に張替え明るい雰囲気に。

◆凹凸が目立ち圧迫感のあったトイレの壁紙をオフホワイトのフラットタ
  イプのものに張替え、視覚的に広々とした印象へ。天井には白地に赤い
  小花模様がちりばめられた輸入壁紙を貼ってキュートなアクセントに。

◆寝室の奥、押入れだったところには、天井から床までラベンダー色の
  カーテンをかけて。たっぷりの収納スペースは生かしつつ、上手に目隠し。

【DATA】
所在地
間取り
築年月
専有面積
家族構成
工事費
竣工年月
設計デザイン
施工
広島市中区舟入
3LDK
2001年(築8年)
65 ㎡
1人 + 事務所
~200万円 
2009年3月
RenoжReno
アイエス株式会社

新着情報

    不動産開発を手掛けるアイエス株式会社(広島市南区、代表:長原正明)が破産との報道がでておりますが、 弊社とは資本的・人的関係含め一切関係ございません。
  • Contents

  • Information

    広島県知事許可(般-24)31713号
    リノベーション・リフォーム
    アイエス株式会社
    730-0853
    広島市中区堺町2丁目4-3
    第5アイエスビル2F
    Mail.
    Web. iswork.co.jp
    Tel. 082 532 0211
    Fax. 082 532 0212

    contact
    お問い合わせフォームはこちら。お気軽にご相談ください。

    RECRUIT


    アイエスグループスタッフ募集

    当サイトについて

    当サイトは、以下のブラウザソフトにて動作確認をしております。
    ●Internet Explorer 7.0以上
    ●Firefox 3.0以上

    上記よりも低いバージョンのブラウザをご利用の場合には表示が崩れたり、一部の機能が利用できないことがございます。

    リノベーション住宅推進協議会