相続・空き家・土地をお持ちの方へ

不動産資産の放置はリスクがいっぱい

見出し画像

使い道のない空き家、遺産相続などで取得した不動産資産をお持ちの方、ついつい面倒で使わずに放置してしまっている方も、少なくないのではないでしょうか。
実は、こうした空き家や土地、相続物件を放置しておくことで、様々なリスクが生じてしまいます。

このページでは、不動産を放置するリスクについて具体的にご説明します。不動産会社を選ぶ一助になれば幸いです。

空き家をお持ちの方へ

①地域社会に悪影響を与える可能性がある

全国的にも空き家は大きな問題となっています。
管理が行き届いていない空き家は、倒壊、景観の悪化、不審者の侵入、空き家への放火など、地域社会に悪い影響を与えることになってしまいます。

地域と良好な関係を保つためにも、空き家は放置しておかず、早く対処することが望ましいです。

空き家を売却してしまうのも一つの方法です。当社では、空き家の売却のご相談も承っております。
お気軽にご相談ください。

②固定資産税が高くなる可能性がある

空き家も資産の一つですから、手放すのは簡単ではないと思います。しかし、空き家を持ち続けるかぎり、固定資産税を払い続ける必要があります。

さらに、管理が行き届いていないと見なされ、「特定空家」に指定されてしまうと、固定資産税が通常よりも高くなってしまいます。

また、遠隔地の空き家の場合、交通費や委託管理費など余計な費用もかかってしまうのです。

日本の人口は減少傾向ですから、空き家は今後ますます売れなくなることが予想されます。
だからこそ、早めに対策をとることをおすすめします。

土地をお持ちの方へ

見出し画像

「古家つきの土地をそのままにしておいても大丈夫?」「隣との境界があいまいだけど、どうしたらいいの?」「変形した土地だけど、何か良い活用方法はない?」といったお悩みはございませんか?

土地を活用せずに持ち続けていても、固定資産税や管理費用がかかり、さらには将来の相続税の負担も予想されます。当社では、土地売却の相談にのることも可能です。お気軽にお問い合わせください。

親から相続した土地をそのまま子どもたちに残したいと思う方もいらっしゃると思います。
しかし、所有しているだけでは資産とはいえず、かえって子どもたちに負担をかけることもあるのです。

土地を売却して現金化し、それを元手として有効活用できれば、資産につなげることができます。また、固定資産税や都市計画税の負担がなくなり、将来別の不動産に相続税が発生した際に、納税資金として利用することも可能です。

アイエスの不動産買取

見出し画像

アイエスでは、空き家・土地の買い取りはもちろん「固定資産税の負担は減らしたいけど、不動産資産じゃ手放したくない」という方には、立地によってはアイエスが借り上げることも可能です。

アイエス独自のノウハウで、収益を得ながら固定資産税を支払う方法がありますので、ご興味をお持ちの方はご連絡ください。

  • 会社概要
  • 採用情報
  • Q&A
  • リノリノ