仲介と買取の違い

見出し画像

不動産の仲介と買取では、「買主」「売却手続期間」「売却価格」が違うため、それぞれのメリット・デメリットも異なってきます。
仲介の場合と比較した際の、買取のメリット・デメリットをご紹介いたします。

「買取」と「仲介」の違い

仲介の場合 買取の場合
買主 主に個人のお客様 不動産会社
売却価格 不動産市場の相場価格で売却できる可能性がある 仲介と比べ、売却価格が低くなることがある
仲介手数料 あり なし
売却手続期間 一から買主を探すため買取の場合よりも売却手続きが完了するまで時間がかかることがある 不動産会社が購入するため、早期に手続きが完了できる
必要な手続き

1.売却相談・査定依頼
2.査定価格のご提示
3.売却依頼(媒介契約の締結)
4.広告・販売期間
5.買受申し込み
6.契約条件の調整
7.不動産売買契約の締結
8.残金決済・引き渡し(現金化)

1.売却相談・査定依頼
2.査定価格のご提示
3.契約条件のお打ち合わせ
4.不動産売買契約の締結
5.残金決済・引き渡し(現金化)

仲介の場合

見出し画像

売り手と買い手をつなげるために物件の販売をお手伝いする専門会社が仲介会社です。

売主側とは物件を販売するための媒介契約を結び、物件の売りだし方、周辺相場のリサーチ、売り出し価格のご提案と相談、広告の手配などを行い、「売りたい物件」を希望の価格でスムーズに販売するためのさまざまな活動を行ってくれます。
また、物件を買いたい方には、希望のエリア、条件に合う物件を紹介することで「売りたい」と「買いたい」をマッチングさせるお手伝いをしています。

「仲介」で売却する場合は、不動産仲介会社に売却依頼を行い、売り出し価格を決めて、売り出しをします。 売り出し価格は、売主が決定権を持っているため、自分が希望する価格で販売ができます。
物件を買いたい人からの問い合わせを待つことが必要ですが、「その価格で買いたい」という人がいれば、希望価格で売却できるのが仲介販売のメリットです。

買取の場合

見出し画像

「買取」での売却方法では、買主が不動産会社となります。

買主が不動産会社のため、仲介手数料がかからないこと、近隣や周辺の人に売却を知られる可能性が低いこと。買取に至るまでの期間が短いことがメリットです。
また、家具や荷物の整理、設備修復などが不要な場合もあります。

「早急に物件を売却したい」「売却をご近所に知られたくない」「家具や荷物の整理・片付けをしている時間がない」という方におすすめです。

アイエスグループの不動産買取

アイエスグループにて、戸建て・マンション・ビル・土地の不動産買取を行います。
仲介手数料や広告宣伝費をはじめ、融資の必要も、リフォームやクリーニングの必要もなく現状のまま買い取りますので、スピーディかつ手間なくお取り引きを進めることができます。

上記の点ももちろんですが、最もお客様に喜んでいただいているポイントは、売却の後、“Reno Ж Reno”で生まれ変わること。
買い取らせていただいた不動産資産を、リノベーションブランド“Reno Ж Reno”テイストでビル再生、新築戸建ての分譲開発、リノベーション、最適な方法でプロデュース。その後、不動産仲介会社様と連携して販売まで手掛けさせていただいているので、売り主様が「こんなにおしゃれになるんですね!」と楽しみにしてくださいます。

売り主様・買い主様だけでなく、その不動産に関わる全ての方がワクワクするプロデュースを心掛けています。

  • 会社概要
  • 採用情報
  • Q&A
  • リノリノ