広島市中区堺町 第5アイエスビル

病院だったビルを受け継いで、リノベーションルームに 「大切に住み継いでほしい」という想いを尊重

物件データ

築年数 30年
建築種類 鉄筋コンクリート造り3階建て
施工床面積 250.03㎡(75.63坪)
工事金額 約1000万円

課題・お悩み 堺町にあるリノリノ本社ビルは実は皮膚科だった建物。先生は病院を辞める際に建物を手放すことにしたが、強い想いを持っていた。
「ビルを壊さない人に譲りたい…」。その想いをカタチにできるリノリノに声がかかった。

先生の自宅には建築当時のビルの外観パースを大切に飾ってあり、とても深い思い入れのあるビルということがよくわかった。
建物は築30年。外壁は修繕されておらず、出窓部分は落下寸前の箇所もあったという。
解体時に病院の消毒液のにおいがとれないなど想定外の状況もあり、一旦全てスケルトンにして、一から空間を造り上げることになった。

解決提案 プランのポイントは打ち合わせができるショールームと事務所スペースを設けること。
マイホームのリノベーション相談の際に、「壁面をむき出しにしたい」という要望も多いことから、あえて天井や壁をむき出しのまま残した。通常の住宅のように断熱材や壁紙を貼らない仕上げを体感できるというメリットがある。「押しピンが刺さらない、断熱材を入れていないので当然寒い。決して万能ではないことを実感して判断してもらいたい」と担当者はいう。

マイホームは一生に一度の大きな買い物。どれだけ体感しながら選べるかが最大のポイントのようだ。完成後、お祝いに訪れた先生は、「当時の面影を残し、想いを受け継いでもらった感じ」と笑顔を見せた。譲り手の意思をしっかりと引き継いだ、想いのこもったリノベーションとなった。

Before

After

施工後

 
  • 会社概要
  • 採用情報
  • Q&A
  • リノリノ